HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  「野王」一桁の低視聴率でスタート「ドラマの帝王」の悪夢が再現されるのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「野王」一桁の低視聴率でスタート「ドラマの帝王」の悪夢が再現されるのか


写真=SBS
韓国でSBS新月火ドラマ「野王」が初週の放送を終えたが、一桁の視聴率で不安が残るスタートとなった。

視聴率調査会社ニールセン・メディアリサーチの集計によると、韓国で15日に放送された「野王」の第2話は、8.1%の視聴率を記録した。

この視聴率は前日の放送が記録した8.0%より0.1%上昇した数値である。しかし、不動の1位であるMBC「馬医」が記録した19.2%はもちろんのこと、KBS 2TV「学校2013」が記録した15.5%と比較すると、半分程度の視聴率である。

特に成人男性を中心に熱い人気を得ていた漫画「大物」シリーズのドラマであり、クォン・サンウやスエ、東方神起のユンホというスターまで出演しているにもかかわらず、低い視聴率を記録した。

これは、前番組「ドラマの帝王」の視聴率が低かったことと、1位の「馬医」がまだトップの座を守っているため、新しい視聴者を誘い入れることに失敗したと分析できる。

実際、前日に放送された1話に対する視聴者層を分析した結果でも、期待していた男性視聴者の反応が少なかった。

前作である「レディプレジデント~大物」が、2010年の放送の際に10%の中盤~後半の視聴率を記録していたことを考えると、今の「野王」の成績は良くない。「レディプレジデント~大物」が人気を集めていたのは、典型的な恋愛ドラマだからという理由ではなかったことを、制作陣が再び考えてみる必要がある。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。