HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  SUPER JUNIOR ウニョク、また自爆“IUとの写真騒動はギャグのネタ?”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUPER JUNIOR ウニョク、また自爆“IUとの写真騒動はギャグのネタ?”


写真=SBS放送画面キャプチャー
SUPER JUNIORのウニョクが、再びIU(アイユー)と撮った写真の疑惑をギャグのネタとして使い、注目を浴びている。

韓国で15日の夜に放送されたSBSバラエティ番組「強心臓(カンシムジャン)」では、プロ野球チームの起亜タイガースに所属しているイ・ヨンギュ選手が出演し、2009年WBC日韓戦があった当時の心境を伝えた。

「強心臓」のレギュラーであるウニョクは、「WBC本戦が開かれた2009年3月5日から23日までは、様々なポータルサイトで『イ・ヨンギュ』と検索すると、195万件以上ヒットした。韓国代表チームの選手の中で一番多かった」と説明した。

さらに「当時、視聴率1位であったドラマ『花より男子 ~Boys Over Flowers~』の主演イ・ミンホを遥かに超える記録だった。僕はその時235位…今は結構順位が上がっていると思う」と話した。

ウニョクの話を聞いたMCシン・ドンヨプとイ・ドンウクを含めた出演者たちは、「どうして?どうしてですか?」と話しながら笑った。イ・ドンウクは「僕、本当にあの話をしたかった」と反応し、字幕では「おやっ」「今はかなり上がりましたね」と書かれた。

ウニョクは去年、IUと共に撮った写真がTwitterで公開され、騒動に巻き込まれた事がある。このことは、様々なバラエティ番組でギャグのネタとして使われているが、それをよく思わない視聴者もいる。

8日の夜に放送された「強心臓」でも、ウニョクとIUの写真が連想される発言が出ていた。当時シン・ドンヨプは、ウニョクとRAINBOWのジスクがキスをしそうな演出を引きとめながら、「だめ、だめ、他の人にやらせて。もう少し保護してやろう」と冗談を言った。

このことに関して視聴者は、「単なるハプニングだったので、笑いながら話せる」と擁護する声が上がる一方、「あの事件のせいでIUは以前のような人気を得られないし、事実でも事実でなくてもウニョクとIUのファンが心に傷を負ったのは事実だ。ギャグのネタとして使われていいのか疑問」という反対の意見もあった。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。