FC2ブログ
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  韓国版「家政婦のミタ」日本に逆輸出…チェ・ジウの人気を実感

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国版「家政婦のミタ」日本に逆輸出…チェ・ジウの人気を実感


写真=SBS
日本のドラマをリメイクした「怪しい家政婦」が日本に輸出される。

21日、SBS月火ドラマ「怪しい家政婦」の制作会社であるEVERYSHOW側は「これまで複数の日本のテレビ局及び流通会社との調整を経て、最終的に1社と『怪しい家政婦』の販売契約を締結した」と伝えた。

関係者は「約10年前にKBS 2TV『冬のソナタ』を通じて韓流スターとして浮上したチェ・ジウの人気が依然として冷めず、現地のテレビ局が熱い関心を寄せてきた」と説明した。

続いて「すでに日本で高視聴率を記録して社会的に話題を呼んだ作品で、日本人に好かれている女優が主演を務めたため、現地のテレビ局で放送しても十分勝ち目はあると判断したようだ」と分析した。

「怪しい家政婦」は2011年に放送された日本テレビ系列の「家政婦のミタ」が原作である。当時「家政婦のミタ」は視聴率40%を記録し、過去のドラマ歴代視聴率の第3位となった。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。